キャッシングSchool

キャッシングSchoolでは

キャッシングSchoolは、消費者金融のキャッシングや、クレジットカードのキャッシング、急いでキャッシングしたい場合の申込方法、内緒でキャッシングする方法、審査が甘い消費者金融の注意点など、キャッシングに関するお役立ち情報を提供するサイトです。


消費者金融キャッシングVSクレジットカードのキャッシング

お金を借りる際にある程度時間的に余裕があれば、銀行で借入の申込をすれば比較的低金利で借りることが可能です。借りる目的が明確であれば、目的によってはマイカーローンのように金利は更に安くなることもあるでしょう。

しかし、世の中そんな都合のいいケースばかりではありません。今日すぐにでもお金が必要だという場合には、そのような悠長なことは言っていられません。消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングサービスの出番です。

とはいえ、これらのローンは金利が高いです。消費者金融などは貸金業法という法律に規制されていますが、その最高金利である年利18%での貸付が一般的です。借りる人の信用などにもよりますが、50万円程度までの借入であればこの程度の金利水準だと考えた方がいいでしょう。

ところで二つの借入手段には、どのような違いがあるのでしようか。 第一の違いは返済方法です。一般的に消費者金融の返済は分割払いになっています。分割払いとはいえ、毎月の返済額は元本の5%以下なので、借りた金額に比べてずいぶんと返済額は低いと思われることが多いようです。これに対し、クレジットカードのキャッシングサービスは、基本的に次回の支払日に一括弁済をすることが多いです。 一括弁済というと、大変だなと思われる人も多いかもしれませんが、ちょっとした飲み会の会費が足りないからと1万円か2万円程度借りるのであれば、クレジットカードのキャッシングサービスを利用した方が便利なことが多いです。

2つ目の違いは限度額です。契約者の信用度により違いはありますが、消費者金融のカードローンは限度額が意外に高く設定されています。貸金業法で年収の3分の1が限度額と決められていますが、人によっては最初からその水準まで限度額を設定してくれることがあります。

これに対し、クレジットカードのキャッシングサービスは、高くても50万円程度の限度額です。分割払いか一括払いかという違いでこのような差が生じるのです。


融通が利くのは消費者金融

2つの借入方法を比較すると、一括払いのクレジットカードのキャッシングサービスは融通が利きません。これに対し、消費者金融のカードローンは最低金額の返済を毎月続ければいいので、自分の返済余裕額に合わせた返済が可能です。

もちろん、利用をして残額をいつまででも引きずっていると利息の金額が多くなり、毎月の返済額から元本返済に充当できる金額が減ります。そのため、できる限り早く返済した方がいいのですが、毎月余裕があるわけではなく苦しい月もあるわけですから、返済額を自分でコントロールできることはありがたいのです。

これがクレジットカードのキャッシングサービスだと、否応なしに次回の請求日に全額返済するようにされてしまいます。返済余力がなければ再度借りることになりますが、融資限度額がなければ新しく消費者金融に申込をするしかありません。

審査に通ればいいのですが、このような利用の仕方をしていると消費者金融は多重債務の可能性ありと判断することがあります。これだけで審査で落とされることはありませんが、融資限度額が少なくなり、利息面で不利になってしまう可能性は否定できません。

消費者金融でおすすめはアコムです。アコムは即日融資OKで30日間無利息なのがおすすめです。
⇒消費者金融アコムで借りる
上記でアコムでお金を借りた方の体験談を見ることができます。


気楽に申し込めるクレジットカードのキャッシングサービス

クレジットカードのキャッシングサービスは、このように返済時の融通が利かないのですが、申込という面で見ると気楽に申し込むことができます。これに対し、消費者金融は申込をすると一応職場への在籍確認の電話をすることが多いです。

最近は免除することも多くなりましたが、信用情報機関のデータによっては免除できないと判断される事も少なくありません。これに対し、クレジットカードのキャッシングサービスは、そのような面倒な話はありません。クレジットカードの申込時にキャッシング枠を申し込めばいいのです。

申込時にチェックを付けたり、数字を書き込むだけなので「キャッシング枠の申込をした」という認識を持っていない人も少なくないようです。WEBなどで自分の利用額を確認する際に、自分の契約内容をチェックしてみると、案外キャッシング枠があったというケースもあります。

クレジットカードのキャッシングサービスは、一回払いという点もあるのですが、審査は消費者金融より甘めです。もっとも、消費者金融のように即日融資ができるとは限りません。信販会社の審査体制は消費者金融ほどスピーディーではありません。

気楽に申し込むことができる点はクレジットカードのキャッシングサービスは有利なのですが、急いでいる場合には使えないことが多いと考えた方がいいでしょう。


クレジットカードと消費者金融、どっちがいいんだろう?

急いでお金を借りたい場合のキャッシング手段が二つあると、どちらを利用すればいいか迷う事も多いです。一般的には金額が少額であればクレジットカードのキャッシングサービスを利用した方がいいです。少額というのは、翌月に全額弁済できるような場合です。1万円とか2万円程度なら翌月は節約をして返済原資を捻出すべきです。

ただし、クレジットカードの申込の際にキャッシング枠を設定していない場合は、すぐに設定することが難しいのでこの方法は使えません。あくまで、キャッシング枠がある人が前提なのです。

これに対し、10万とか20万とかまとまった金額を借りる場合は消費者金融を利用した方がいいでしょう。大手消費者金融であれば、最初の1か月は利息が無料という場合もあるので更に有利です。 申込の際に色々と面倒なこともありますが、WEB申込を使わずに無人機店舗でいいので店舗で担当者と話をしながら申込をすることで、よりスピーディーな申込ができます。在籍確認の電話を会社にされると嫌だなと思ったら、健康保険証と直近の給与明細、更に給与振込の預金通帳を持参すれば、在籍確認の免除をお願いする際にかなり言いやすいはずです。

とはいえ、申込のスピーディーさという面がありますが、借りようとする金額が少なければクレジットカードのキャッシングサービスをお勧めします。金額が少額なのに消費者金融を使ってしまうと、どうしても最低金額の返済に留めてしまい、ズルズルと完済までの期間が延びがちです。

どちらのキャッシングも最高年利18%の世界です。一日でも早く返済することが一番大切なのです。